海岸通り  --01.08.28 





自転車通勤、わりとはやっているようですね。
前回の日記に、いろんな方からエールのメールをいただきました。


え? そんでリベンジはどうなったかって?





ちゃんと成功したよ、かあさん!(もういいって)



一応、2週間近く続いているよ、とうさん!(いいってば)








いやいや、なかなか楽しいではないですか、自転車通勤。

楽しいというか、「しなくちゃいけないことが、一遍で済む」のがまず良いね。


通勤しなくちゃいけない。
運動しなくちゃいけない。


通勤はもとよりつらくて面倒だ。
運動もこんな徹夜まじりの忙しい生活していると、まず続かない(むかしは毎週テニスとかしていたのになぁ…)。
これらの、面倒くさくて挫折しそうになる「しなくちゃいけない」マターが、自転車通勤なら一遍にクリアできるのだ。
通勤しながら運動もできるんだもん、あーた、これはとってもいいことですな。


あ、それと、

減量しなくちゃいけない。
節酒しなくちゃいけない。

も、一遍にクリアできそう。

ちょっと太りはじめたこのカラダを引き締めること。
これなど即効性まであった。さっそく先週の終わりにお二人様から「あ、佐藤、やせた?」と言われてしまった。むふ。
そして、自転車で会社に行くと必然的に帰りに飲みに行くことを避けるようになるので(自転車に乗って帰らないといけないし)、γ-GTP値も自然に改善される。飲まないから太らない。もちろんよっぽど飲みたけりゃ自転車は置いてくればいいし。


うーむ…。
ひとつひとつ別個に努力しているとシンドイことが、一遍にクリアできるのが合理的でよろしいではないか!


加えて、適度の運動がストレスも発散させてくれるし、電車やタクシーに乗らなくなるからお金的にも余裕が出来るし、夜はマジでぐっすり眠れるし・・・いやー、イイコトずくめ!



そして、もちろん自転車自体の快感も、よい。
「走っている爽快感」である。
いや、この時季、もちろん暑いのよ。でも、走っている間は風が涼しいから汗かかない(止まると汗ダーダー)。


また、街の散策にもなる。
抜け道や穴場店をいろいろ知れる

この前など、思いもかけぬ場所に「しながわ翁」という、山梨の有名な蕎麦屋「翁」の暖簾分けをみつけた。
え?こんなところに、あの、翁??
支店をほとんど出さないと言われている、あの、翁???
半信半疑で入ってみたら、あの翁であった。むぅ・・・ボク的に大発見。こういううれしさがあるのだ。


あとは・・・そうだな、なんというか、会社と自宅が点と点でなく、線で結ばれる感じがなかなか良いな。ちゃんと地続きなんだぁという感慨というか・・・。なんと伝えればいいのだろう、会社の仕事に生活感が出るのよ。会社がいきなり生活圏内に入る感じ
これって、非現実的仕事内容と仕事量を与えられているボクには、かなり有効な実感なのである。




と、まぁ、予想以上に気持ちがよく、イイコトずくめであることがわかった自転車通勤。

その後、いろんなウェブページを読んで研究したところ、前回の「ママチャリでゴー!」での最大の失敗は「そもそもママチャリだったこと」とわかり、まずは自転車の購入を決意。
で、単なるチャリだと思って百貨店に行ったらアータ、種類豊富で値段もピンキリの、ものすっごい深い世界ではないですか!

うーむ。。。
でもなー、凝りたくないんだよなー。
あの派手なコスチュームの世界に行くのはイヤだしー、第一「盗まれても悔しくない値段」に押さえておきたいしー、ちゅうか、なんとなく、ボクって自転車に凝るキャラじゃない感じだしー。
←凝っちゃいそうな自分を必死に抑制している図。

うーん・・・



メールやらとある掲示板やらでのみなさんのサジェスチョンによると最寄りの古くからある自転車店で買うのが一番らしい。
特にTerrasonさんのサジェスチョンは懇切丁寧だった。


> 自転車は車以上にメンテナンスが必要な機械ですから
> 出来ればディスカウントショップではなく専門店で買ったほうが良いと思います。
> 毎日だと車種にも拠るけどブレーキシューやタイヤなんて1年持たないこともまま有ります。
> また、同じメーカーの同じ車種でも組み上げた人の腕で
> その性能がちゃんと出せてない場合もありますから…
> 特に変速機があるタイプは、調子の良し悪しがここで決まったりします。
>
> 又、意外と知らないのは自転車に乗るポジションで乗り心地も疲れ方も全然違うこと。
> 勿論速度も違ってきます。その辺りをちゃんとアドバイス出来るところが良いと思います。
> マニアになるとサドルの高さはミリ単位で決めるし、
> クランクなんか2.5mm単位で長さを変えて付替えたりするのですよ!
>
> 出来れば自宅の近くor職場の近く、通勤途中にあるところで
> スポーツ車を中心+実用車を扱っているところで
> なるべく古くからやっている所をオススメします。
>
> なぜ、スポーツ車かと言いますと、正直スポーツ車は儲からないけど、
> 敢えてそれをやってるって事は自転車が好きだからだと思うんです。
> そういうところなら愛のあるメンテを期待できます。(笑)
> かといってマニアオンリーのスポーツ車だけの店も通勤専用自転車向けとはいえないと思うので、
> ママチャリ等の実用車も扱っているところの方が、幅広く対応してくれると思います。
>
> 又、最近出来たとこだと、経営的に安定してないから先々つぶれる可能性があるかもってことで、
> あまりオススメできません。(考えすぎ?)
> 実用車が殆どでやってるところが悪いとは言いませんが、
> 惰性や割り切ったビジネスで扱われる可能性があり所有者としては嬉しくないことだと思う。
> もちろん、そんなところばかりじゃないとはおもうけど…。
> どんどん乗り捨てていくなら別ですが長く乗るつもりなら、
> 買うところからじっくり選んだほうが良いと思いますよ。



なるほどー。
ボクの家の近くに、もろ該当する自転車店があるなぁ。

でもね。
問題はボクが「買った店に照れてしまう妙な性格であること」なのだ。

その自転車店はもろ通勤ロード沿い。
なんちゅうか、そこで買うと、毎回その店の前を通るのが照れくさい。妙に自意識過剰になってしまうのだ(なんでだろう?)
かといって、自転車通勤が続かなくなったとき、その店の前を徒歩で通り過ぎるのも、なんか裏切っている気持ちがしてイヤ。

逆に、その自転車店に何度か訪れた末にそこで買わなかったら、その店の前を他で買った自転車で通り過ぎる勇気がない。だから中途半端にその店を訪れるのも危険。

ということで、ボクみたいに妙な性格の人は、量販店でビジネスライクに買った方がいい、と結論した。
二台目が欲しくなるまで続いたころには、もう最寄りの自転車店のメリットが身に染みてわかっているだろうから、そこで買うことにしよっと。
Terrasonさん、ありがとうね。




ちゅうことで、有楽町のビックカメラ(ここ、自転車もいっぱい売っている)で、ついに購入したのである。

やすーいMTB(マウンテンバイク)。

街乗りにはクロスバイクの方がいい、なんてったってロードバイクが速い、など、通勤に向く自転車にはいろんな説があるが、なんてったって安かったから(3万円)これに決定!

安い自転車は結局安いなりなのかもしれないけど、盗まれても精神的ダメージ少ないのが良い。
最初はこんなもんで十分なのだ。

それに、前輪3後輪7の21段変速だし、サスペンションが前輪後輪ともについている。
泥はね除けや、ハロゲンライトや、夜に目立つグッズ(夜、自動車からよく見えないと危険だから)を買い込めば、必要にして十分な自転車通勤体制が整うのである。

また、モバイルの問題もなんとかクリア。
愛用しているTUMIのショルダーバッグのショルダーを短くしてたすきに背負い、肩に当たるところにタオルを巻けば、見た目はちょっと悪いが、重いパソコンもあんまり苦にならず背負えることを発見した。



そして乗ってみたら・・・



超快適!!



ママチャリは、やっぱいかんわ。
ここまで快適さが違うとは!!
こう快適さが違うと、これより10倍くらい高い自転車ならどのくらい快適なのだろうと思わず好奇心で買ってしまいたくなるくらい、快適!!


21段変速だから坂道もまるで苦にならない。
また、サスが前後についてるから、道の段差でガシャゴショすることもない。非常に衝撃少なく段差を越えられる。PCも痛まない。




そしてそして!

会社に行くのに最適の道も発見!




その名も「海岸通り」

品川方面に住むボクは、前回、混んでいて歩道も狭い第一京浜を築地方面までのろのろ走ったわけなのだが、そこから少し海側にベンツでも対面通行できるくらい広い歩道を持つ通りがあることを発見。それがこの海岸通り。その名の通り、海(東京湾)沿いの道である。


この道、アップダウンもなく、1ブロックが長く(なので交差点が少なく飛び出すクルマも少ない アーンド 信号が少ないから早い)、通行人はと〜っても少なく、歩道はめちゃ広く、たまに海が見え、海風が頬をなで・・・しかも浜離宮の横を通りすぎると、もうそこはほとんど会社、という最短距離。


うー、なんというラッキー!


まるでボクに走ってくれと懇願しているような道である。




走っている間の、頭の中のBGMは、イルカの大名曲「海岸通り」。

・・・古っ!
   しかもリズムに乗れん!
   でもこれが頭にこびりついて離れないのだから仕方がない。





♪ あなたが船を選んだのは
  私への思いやりだったのでしょうか
  別れのテープは切れるものだとなぜ
  気づかなかったのでしょうか



うはは。しかも悲しい歌。

でもよいなぁ、イルカの「海岸通り」。作詞作曲は伊勢正三。あー、よいなよいなー。





♪ 港に沈む夕陽がとてもきれいですね〜
  あなたをのせた船が小さくなってゆく〜






あ〜気持ちがよい。最高だ。

ほとんど通行人がいないし、トラックがものすごい騒音とともに走っている道だから、大声で歌いながら走っても誰も気がつかない♪

難点はひとつだけ。

排気ガスが強烈なこと

なにせトラックばんばん & 高速道路の下を通る道なだけに、排気ガスだけは異様なすごさなのだ。
走り終わると、肺が光化学スモッグにやられたみたいに、ヒーヒー言う。



これって逆にものすごく健康にわるい!?



つうことで、マスク使用(怪しい・・・)。
いまは花粉症用の大きなマスクでごまかしているが、そのうち、工事関係者がやっているガッツ星人みたいなタイプに変えようと思っている(めちゃ怪しい・・・)。







♪ 夜明けの海が悲しいことを
  あなたから教えられた海岸通り
  あなたの言うとうり妹のままで
  いたほうがよかったかもしれない

  あなたがいつかこの街離れてしまうことを
  やさしい腕の中で聞きたくはなかった

  まるで昨日と同じ海に 波を残して
  あなたをのせた船が小さくなってゆく〜





シャカシャカシャカシャカ
ひょーー、気持ちいいーーー!












ガジョ、ガジャジャ!!









・・・ひぇーー、チェーンはずれたーーーー!!!









「あのね、前輪の変速を一番軽くするとチェーンがたるむからね、はずれやすいのよ。街乗りでは前輪を1にしちゃだめよ。そんなこと買った店で説明してくれたと思うけどねー。街乗りなら前輪は3で固定して、後輪変速で遊んでりゃいいのよ。はい400円」





結局、わざわざ避けた最寄りの自転車店で、チェーン直してもらいながら説教されているボク。







・・・は、恥ずかしい。
   通勤ロード、変えなければ。




satonao@satonao.com : Send Mail
不定期日記「雑談な日常」目次へ   「www.さとなお.com」トップページへ