うすい!?  --97.7.24






うちの近くのマンホールです。

駅までに6個あります。

頭頂部がとてもさびしい僕としては、毎朝出社する度に6回もこの字を読まされ「どよよ〜ん」となるのですが、まぁそれはまた別のお話。

なんなのでしょう?この「うすい」って。

「臼井」かな?臼井さんの私物か?まさかな。

じゃぁ「薄い」か?
ということは「濃い」があるのか?
薄い下水、濃い下水、というのも怖いなぁ。「濃い下水」……絵を想像したくない。

「薄い」も有望だけど、でも、とりあえず形容詞ってことはないだろう。


「すい」は「水」だろうから「う水」なんだろうけど。「おすい」の間違いか?とも思ったけど、こんなこと間違えないしなぁ。それに「おすい」は別にちゃんとある。








でもなんか「うすい」って汚そうですよね。

僕の見当もつかない「う」という汚らしい字があるのかもしれない。
ひょっとすると「う●●水」の略かもしれない。

でもそうなると「おすい」の立場がないしなぁ。
汚くない水なのか?……「うすい」って。そもそも「すい」は「水」であっているのか?

情けないことに僕はこの問題に数日悩んだんです。
賢明なアナタならもう答えは明白ですよね。「うすい」の意味。

でもほら、思考がドツボにはまることってあるじゃないですか!
うーん。
僕のばかばかっ。


あ、アナタ、わからない?
ふ〜ん。


そんなバカな人には教えないでおこうと思ったけど、
知りたい方はこちら




satonao@satonao.com : Send Mail
不定期日記「雑談な日常」目次へ   「www.さとなお.com」トップページへ