When I'm 62  --99.09.24




   When I get older losing my hair,
   Many years from now.



ボク的にほぼNo.1の映画「ガープの世界」の主題曲にも使われた、
ビートルズの名曲「When I'm Sixty-Four」。「64歳になっても」。


   Will you still be sending me a Valentine
   Birthday greetings bottle of wine.



ボクはこの曲が大好きで、
「サージェント・ペパーズ」に入っているこの曲を昔からよく口ずさんだものだ。


   If I'd been out til quarter to tree
   Would you lock the door,



いかにもポール・マッカートニー、って感じで、
ちょっと甘ったるくて俗ウケしそうな歌なんだけど、


   Will you still need me,
   will you still feed me,
   When I'm sixty-four.



「俗ウケ」こそ芸術の要諦なのだ、
と、こういう曲を聞くと、そう思う。


   You'll be older too,
   And if you say the word,
   I could stay with you.



それにしても、なんだかのどかな歌だなぁ。
いまの自分とかけ離れた世界、って感じがちょっとだけ。


   I could be handy, mending a fuse
   When your lights have gone.



海外出張から帰ってきてからのほとんどを東京出張で費やし、
ほとんど家に帰らなかった毎日。


   You can knit a sweater by the fireside
   Sunday morning go for a ride,



この1カ月で・・・
えーと、4日くらいしか家に帰らなかったのではないかな?


   Doing the garden, digging the weeds,
   Who could ask for more.



さすがになんだか落ち着かないよね。
64歳になったら、なんて考える余裕がない。


   Will you still need me,
   will you still feed me,
   When I'm sixty-four.



その頃になってもボクを必要としてくれるかい?
ボクのために料理を作ってくれるかい?
ボクがたとえ64歳になっても。



   Every summer we can rent a cottage,
   In the Isle of Wight, if it's not too dear



うーん、そんなことより、明日の予定。
明日の仕事。明日の原稿。明日の、明日の、明日の、


   We shall scrimp and save
   Grandchildren on your knee
   Vera Chuck & Dave



それにしても笑っちゃうよ、みなさん。
笑い話のような話を聞いたのさ。


   Send me a postcard, drop me a line,
   Stating point of view



いやさ、上司から聞いたんだけどさ、
なんだかこの前、統計が出たらしい。ボクの会社の「社員平均寿命」。


   Indicate precisely what you mean to say
   Yours sinserely, wasting away



とにかく激務・激飲・激ストレスのこの会社、
早死にするとは聞いていたけど・・・


   Give me your answer, fill in a form
   Mine for evermore




平均寿命は・・・なんと62歳!!!



   Will you still need me,
   will you still feed me,
   When I'm sixty-four.



64歳になること自体が、サバイバル・・・。
こんな毎日だものねぇ、って妙に理解しちゃう自分が哀しい。








あとたった24年か・・・
走り続けるしかないよなー。



satonao@satonao.com : Send Mail
不定期日記「雑談な日常」目次へ   「www.さとなお.com」トップページへ